失敗する確率が高くなる転職の仕方

 日本人は海外に比べひとつの会社で長く働く事が推奨され、短期間で転職をすると「我慢強くない、わがまま」などのマイナスイメージがついてしまいますが、長く働きたいのなら勤務する会社の事をより深くリサーチしてておかないと痛い目をみることになります。そこで、転職したはいいけれど、失敗する確率も高くなる転職をご紹介します。

 

流行に流されての転職

 一時期カタカナネームの職業が流行りましたが、ただ流行っているからこの会社の面接を受けたい、そういう考え方の人が多いのも事実です。少し前までベンチャー・IT企業への就職が流行りましたが、流行っているから、カッコイイからと転職してみて、最初はよかったけれど、ブームや会社が傾いてしまった途端リストラのうき目にあったり、ブラック企業だった場合には残業漬けや簡単な仕事ばかりでスキルを身につけることができないまま、また転職するはめになります。

 

会社の経営理念などを知らないままの転職

 会社の販売している商品や提供しているサービスは知っていても、会社の経営理念や社長個人の考え方を知らないまま転職してしまうと、ブラックな考え方の社長がワンマン経営しているような企業の場合、働き続けるのが少しづつしんどくなっていきます。

 

カンですべての応募先た転職先を決めてしまう

 面接官となごやかに話ができたから、電話での対応がよかったからなど、ちょっとしたことで直感的にあっさりと転職先を決めてしまうと、入社してみてこんなはずじゃなかったと後悔することになります。直感も大切かもしれませんが、転職は情報が命ですので、色々な情報を調べたのち自分の性格や考え方にマッチするような会社を受けるようにしましょう。

 

 

注目サイト
http://xn--fdkf1mr64kjfluurgw2b.net/
ニートの就職ガイド。就職成功のポイント